不動産担保ローンの闇金業者には注意!!

不動産担保ローンの闇に潜む悪徳業者

初めてお金を借りるときってなんだか緊張して、ここの会社で大丈夫かなって不安になりますよね。
HPなど見ても良く見えるように書いてるものばかりだし、口コミもサクラじゃないのって疑ってみたり、半信半疑なサイトが多いです。

悪徳な闇金業者にひっかかりたくない!

最近はビジネスローンや不動産担保ローンなどの闇金業者や詐欺業者による、企業や個人を狙った詐欺行為が増えてきています。
しかも年々、その手口が巧妙化しており、騙されていることに気づいていない人も多いようです。
そしてそのまま悪徳業者から借りてしまうと、あっという間に膨れ上がった借金が待っています。。。

今回はそんな悪徳業者に騙されないためにも”悪徳業者”について調べてみました!

本当にあった悪徳業者からの被害の声

ケース①不動産担保ローンを申し込んだら、担保にする物件の調査費用としてお金を送金するように言われ、振込み後業者に連絡をとると、電話がすでにつながらなくなりました。。

ケース②資金繰りに困っていて、金利の高さよりも融資の早さばかりに目がいってしまい、「即日融資」「スピード審査」と大きく宣伝してあるチラシを頼りに申し込みをして、いい加減な契約を結ばされてしまいました。。

悪徳業者はあの手この手でお金を巻き上げてきますので注意です!
では騙されないためにはどうしたらいいのでしょうか。

では私たちはどこで見分ければいいのでしょうか。

悪徳業者の見分け方とは?

まず行政や業界団体の登録承認をうけた会社であることが重要です。

ホームページや店頭で「○○県知事××号」「日本貸金業協会会員第●●号」などの表記がされているか、確認しましょう。他にも登録番号の名義貸しをしていたり、無断で掲示していたりする悪質な業者もいるようなので、金融庁の情報検索サービスで確認できます。

貸金登録番号の横には(1)(2)と表示されています。
この番号には意味があり、登録は3年ごとの更新で、更新されるたびに数字が増えていきます。
なので(1)であれば登録から3年未満と判断ができ、(5)となっていれば4回登録を更新していて12年以上の実績があるということになるので、信用度が高いです。
(1)だと登録の更新をしていないので、悪徳な行為をしている可能性があります。

私がおすすめの不動産担保ローン会社はちゃんとHPに電話番号、登録番号が表記されており、( )の中の数字が(8)ですので、24年の実績があるところです。

信頼度の高い不動産担保ローン会社はコチラ


そして悪質業者や闇金業者はいつでも飛べる(逃げられる)ようにしているので、会社の住所が書かれていなかったり、電話番号が携帯の番号ですと怪しいです。
ちゃんと固定電話か、住所を見てグーグルマップで調べてストリートビューを見たりしてちゃんと実在するのか確認しましょう。

不動産担保ローンでお金を借りるということは、何かあったら担保物件を失うということです。
自分の個人情報もどんどん悪用されていきますので本当に気を付けましょう!

頻繁に掛かってくる電話での勧誘や、ポスティングされている広告に載っている甘い言葉の宣伝には乗らないでください!
申し込みの際に、返済方法や手数料、利息計算などの説明をしっかりと行ってくれる業者を選んで、必ず金融に関する登録番号を持った業者で融資を受けましょう。

私は大丈夫!と思っていても、詐欺は誰でも引っかかる可能性がありますので、お金を借りるときは、慌てず慎重に確認してから申し込みをしてくださいね!

おすすめの不動産担保ローン専門融資会社はこちら!

© 2020 ヤミ金・ソフト闇金はブラックでも借りれる!最新の口コミや評判